スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一の試練

ついに明日、明日なんですよ! 仮免試験と修了検定がっ。
まぁ、これが終わっても卒業検定が残っているわけなんですけどね。
とりあえず、第一の正念場かなぁ、なんて思ってみたり。

その前日である本日は、教習効果の見きわめ、つまるところ検定の予行練習をしてました。
しかし、2回コースを走ったうち、3回もブレーキを踏まれてしまうというorz

対向車にぶつかりそうになったり、安全確認を怠って衝突しそうになると、指導員にブレーキを踏まれてしまうわけで。
普段の教習中なら「次は頑張ろうね」で済むのですが、検定中だと「指導員のブレーキ=不合格」ということらしい。
ちなみに、S字やクランクで脱輪したまま先に進んでも不合格確定なんだとか。

えっと、2回コースを走って、1回脱輪して、3回ぐらいブレーキを踏まれたから、
1回受けて2回不合格になったようなものなのよね。
言い換えるならば、不合格率200%。もはや確率ですらあるまい。

結局は、「本番は頑張ろうか(^^;)」という様子で修了検定の申込書をもらえました。
うん、とりあえずは助かった。今回は全てハジケずに済んだ。
でも、本番は明日であり、今日と同じ運転をしたら今度こそ間違いなくタヒぬだろう。

しかもこれに落ちたら、追検定料がかかる上に翌日に補習が入るので、帰るのが2日も遅れるんだよなぁ。
それは嫌でござる。



しかし、実技の方は学科と比べて効果的な自習ができないから困る。
例えば、学科の方は空き時間に教科書をいくらでも読むことができるけど、
実技の方はせいぜいイメージトレーニングしかできません。
イメージがいくら正しくても、実際に思い通りの操作ができなかったらどうもこうもありません。

合宿じゃなければ、余分に乗車の時間を組むことができるのかもしんないけど、中の人の場合は期限が決められているからなぁ……
うーむ。最低最悪最終の策として、安全確認と脱輪を特に強く意識するしかないんでしょうかね。



けれども、いくら文句や泣き言を並べたところで、関門はどうしても迫ってくる。
どんな船でも水の流れには逆らえない。障害物があったら避けるしかない。

まぁ、自分が乗っている船はおそらく泥船なんだろうけど。
あぁ、障害物がどうのこうのと言う前に沈む沈む。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

あおかび

Author:あおかび
眠ってばかりいる謎の生き物。
好物は、青いカービィ、厨ポケモン、ななちゃん。
カービィ新作はまだなのかなぁ。

フレンドコード:4984-4629-6150
ポケモンのシングル対戦随時募集
希望者は、ツイッターか拍手かコメントに書き込みお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。