スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ガンダムウォー】青単ぐるぐるユニコーン

青単ユニコーンデッキです。
ある程度まともに戦える構築になったと思うので、公開してみます。
マリーダや捲土ツヴァイとはまだ戦っていませんが、サイドボードの内容次第ではそれなりにいけるかもです。

続きを読む

スポンサーサイト

【ヴァイスシュヴァルツ】みくる→ハルヒ→長門の順に頑張るデッキ(ネオスタン)

本日はガンダムウォーをやりに大須へ行っていたのですが、結果としてなぜかヴァイスで遊んでいました。
大会あるよと言って無理矢理来させてしまったチャンドラ(仮名)氏、ごめんなさい。

今日のシングル購入で、ガンダムウォーのユニコーン青単もようやく勝てそうなデッキになりました。
しかし、それよりもヴァイスの方に使った金額が大きいという事実。なんでさ。

そして、新たに作ったデッキが4戦4勝と意外に勝率高くて驚き。
まぁヴァイスは運ゲー以外の何者でもなく、こんなに勝てたのもおそらく運なんでしょうが。
けれども、折角なので晒してみます。

続きを読む

白黒のすゝめ

エヴァの新規参戦も確定し、より一層熱くなりそうなヴァイスシュヴァルツ。
今回は、中の人がどうしてこのゲームで遊んでいるのか、ちょっと書いてみようと思いました。
興味はあるけどよく分からないよっ、という方は是非

まずは、公式サイトとルール掲載ページのリンクをば。
ヴァイスシュヴァルツ
おおまかなルール(注:PDFファイルです)



1.自分の好きな作品が参戦している
すんごく現金な理由ですが、一番の理由はまさにこれです。
自分の場合は「魔法少女リリカルなのは」がカード化されていたから始めたような物です。
後に「涼宮ハルヒの憂鬱」も参戦してきましたが。

以前は単体作品・もしくは出版社内の複数作品が参戦するTCGが多かったのですが、
ヴァイスの特筆すべきところは、メーカーの垣根を越えて様々な作品が参戦しているところです。
「好きな作品が登場する」 こういう要素は参加する切っ掛けになりやすいですよね。


2.ゲームデザインが好み
カードの絵柄や枠のことではありませぬ。一枚一枚の強さのことだったり。

カードを作る前に原作を下調べしているのかどうか、原作の設定を活かしている能力を持っているカードがちらほら。
また、極端に強いカードが少ないのも魅力のひとつ。
場に出すだけでソリティアできてしまうような理不尽なカードはないはずです。
環境が常にカオスな点も好印象。つまるところ、最強のデッキタイプがないということ。


3.カード資産の差があっても楽しめる
TCGというものは、元々「資産の不公平さを楽しむ」ゲームなのですが、ヴァイスでそれを感じることはあまりありません。
独特なゲームルールのせいで、一般的に強いと言われているデッキが構築済みデッキに勝てない場合があったりと、「試合が始まる前から結果が分かる」ゲームにはなっていないんです。

他のTCGは何度対戦を行っても試合結果が同じになりやすいのですが、ヴァイスではそういうことは少ないです。
トッププレイヤーと言われている方のブログに「今日は1勝もできなかった」と書かれることは珍しくありません。

つまり、環境やカードパワーを考えずに自分の好きな作品・キャラを積んだデッキでも戦えるということ。
ただし、悪く言ってしまうなら比較的運要素が強いルールでもあったりするので、
デッキ構築にお金を注ぎ込んだり完璧なロジックを組んだりしても、常勝することは難しいです。


4.プレイング・ロジックが大事
しかし、運ゲー運ゲー言われていても、やはりその辺りはしっかり生きるゲームなのでした。
正直な話、適当にプレイしたりデッキを組んだりしてもそこそこ勝てるゲームなんだけど、
だけどそこをしっかり突き詰めれば、勝率は格段に上がります。

ここで語ってもおそらく意味不明なので、細かく記すような野暮な事はしませんが、
ようは如何にして自分の運を逃がさないか、相手に極力助けを与えないようにするか。
運次第でどうにでもなるルールであることは間違いないのですが、考えてみると深かったり。



まとめると、ヴァイスシュヴァルツは始めやすく飲み込みやすいゲームなのです。
興味のある方は、ご友人誘い合わせの上好きなトライアルスターターを1箱ずつ買って試してみてください。

とは言え、マジックのような考えに考え抜いた戦略を打ち立てるゲームが好みの人には合わないかも。
けれど、そんなTCGを嗜んでいる方にも、休憩用としてお勧めです。



願わくば、これでヴァイス人口が増えればいいんだけど。
世の中そう上手くはいかないものだろうな、と。

【ヴァイスシュヴァルツ】フェイトビート改

しばらく帰っていない家へ帰るときと、しばらく管理していないサイトを閲覧するときと、しばらく掃除していない引き出しを見るときは、いずれも同じ感情を抱く物である。
by : あおかび

それはさておき、このブログは検索エンジンから「フェイトビート」で来ている人が多いみたいで。
ですが、前回書いたフェイトビートは、現在使ってないんですよね……。
如何せん安定しなさ過ぎるせいで。

ということで、今回は現在中の人が愛用しているフェイトビートのレシピでも載せてみます。
前よりはマシになりましたが、強さは保証いたしかねます。

続きを読む

ガチデッキとファンデッキ

カードゲームについてのお話。
と言うより、言い訳のような物なのかもしれない。

トレーディングカードゲームというのは他のボードゲームと同様、競技相手と戦うゲームなんだけど、
他のゲームと違うところは、自分で使用するカードを選択できること、つまりデッキを組むことにある。
オセロで使う駒の強さは一律で同じだし、将棋で使う駒は特性こそ違えど相手も同じ物を使用する事になる。
トランプも双六も、基本的には「相手と同じ物を使用、もしくは共有する」という共通点がある。
トレーディングカードゲームの醍醐味は、プレイしている最中よりもむしろデッキを構築することなのかもしれない。

そして、ゲームに使うカードは1枚1枚強さや特性が異なる。
プレイヤーはその中から規定の枚数だけカードを選択してゲームに臨むわけだけど、
選択したカードによっては、強さの差がゲーム開始前から極端に生じてしまう事だって珍しくない。
じゃんけんで例えるなら、全ての手が出せる人と、グーしか出せない人同士で戦うようなもの。
しかも、何度対戦を繰り返したところで、その立場は絶対に揺らがない。

この強さの差というものは、トレーディングカードゲームだから生じるものである。
しかし、トレーディングカードゲームという物は元々「不公平な資産の中で行われるゲーム」と
生みの親の方が公言しているので、これはしょうがないこと。
早い話、こういう状況が嫌いな方は、チェスや将棋のような万人平等なゲームへ移るが吉。

前振りはこの程度にして、それでは本題に。
どんなカードゲームでも、プレイヤーの方なら、「ガチデッキ」や「ファンデッキ」(ネタデッキ、とも言うかも)という言葉を聞いた事があると思う。

耳が慣れていない人のために軽く説明するなら、前者の「ガチデッキ」はゲームに勝つ事を第一に考えたデッキ、後者の「ファンデッキ」は勝利以外の目標を達成するためのデッキ。
例えば、カードに描かれた絵柄の好みではなく個々の強さで選択されたカードで組まれたデッキはガチデッキだし、好きなキャラクターを活躍させたり実用的でない戦法で勝利を目指すのがファンデッキ。

スポーツで全員が全員プロになるためしのぎを削っているわけではないように、カードゲームプレイヤーにも色んな考えを持っている人がいる。
とにかくガチデッキを好む人、無数にファンデッキを生み出す人など十人十色。
ちなみに、中の人はガチデッキ愛用派です(

話は変わって、ガチデッキというのは本当に酷いデッキが多い。
相手が苦労して場に出したカードをことごとく除去するのは当たり前、そもそも相手に何もさせずに勝つデッキだって普通にある。
そりゃ当然、勝つために計算しつくされたデッキなんだから。それでも惨いんだけど。

でも実際これは酷い事ではないし、むしろ想定された事象である。
前述したように、「トレーディングカードゲームは不公平さを楽しむゲーム」なのだ。
もっともこれよりも、そして本当の意味で酷いのは、ガチデッキを目に見えた形で非難するプレイヤーだと思う。
聞いた話でしかないけど、大会中でガチデッキと思しきデッキにあたるとすぐに投了するプレイヤーもいるんだとか。

いやね、自分だって痛いほど分かるよ。
インフェルニティガンを撃たれたりトリシューラが大量に出てくる様は悲惨だし、
マリーダで場の自軍カードをことごとく割られると何もできなくなるし。
ワンサイドゲームになることだって多々あるから、ガチデッキの強さ惨さは身に染みている。

だけど、それを批判するのは一体どうなのさ。
対戦して負けたんだったら、それは相手のデッキが強かったというだけで、それは相手のデッキやカードに苦言を呈する理由にならない。
特に、ファンデッキを使って負けてそうしてしまう方。
ファンデッキを使う事は免罪符でもなんでもない。

「泣き言はデュエルで言え!」と言うのはナンセンスだけど、泣き言を言うほど勝ちたいのならメタを研究したりデッキの質を上げる、あるいは同じデッキを使えばいいだけで。
そういう努力すらせず「あのデッキは云々……」と言うのは正直見苦しい。
正直な話、カードゲームを辞めた方が精神衛生上良いと思う。

--------------------

長い割に内容が薄い。
うーむ、うまくまとまっていない気がするけどこの辺りで。
書いてから気がついたけど、ファンデッキのくだりは要らなかった気がする。反省反省。

ふと思ったときには、自分もそんなことを言っているかもしれないので、それに対する戒めということで。
プロフィール

あおかび

Author:あおかび
眠ってばかりいる謎の生き物。
好物は、青いカービィ、厨ポケモン、ななちゃん。
カービィ新作はまだなのかなぁ。

フレンドコード:4984-4629-6150
ポケモンのシングル対戦随時募集
希望者は、ツイッターか拍手かコメントに書き込みお願いします

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。